北斗シリーズの最新作!CR北斗の拳7転生の章の『まとめ』

ぱちんこ・パチスロメーカーのサミーから「CR北斗の拳7転生の章」が登場します。

2014年に販売された「北斗6拳王」から3年ぶりの北斗シリーズの新台、当然、注目されないわけがありません。

【導入時期は2017年の5月】

導入台数は現段階では判明していませんが、どのホールも大量導入されることは間違いないでしょう。

では早速、スペックを見ていきましょう。

CR北斗の剣7転生の章

大当たり確率 1/319
確変突入率 65%
継続率 65%
賞球  4&1&15&10
出玉

4R:600発

16R:2400発

ヘソ入賞時
4R確変 65%
4R通常(時短7) 35%
電チュー入賞時
16R確変 65%
突通(時短100回転) 35%

「CR北斗の拳7転生の章」のスペックを見た感想は、メリハリがあっていいんじゃないの?と思います。

ヘソ入賞時の大当たり出玉は4Rのみ、通常大当たりの場合は4Rの出玉+7回転の時短のみ!

通常だった場合は引き戻しの期待はできない、つまり諦めてくださいな~~ということです。

 

しかし確変を引いた場合は65%ループで2400発を獲得できる仕様。しかし、そこにはオチがあります。35%は出玉なしの時短のみとなってしまいます

『16Ror出玉なし』まさに究極の振り分け。

これでこそ、確変中のバトルを手に汗にぎって見守れるわけですよ。

敗北しても時短100回転が付いてくるので、3回に1回は引き戻しが期待できるんですけどね。

 

今の新規準機に求められるものは一撃性です。

そう考えた場合、「CR北斗の剣7転生の章」のスペックはよくできているのではないかと思います。

 

後は、どのように演出を見せるかがカギですね。

もう、そろそろ定番のキャラバトルにも何か変化がほしいところです。

僕自身、あまり北斗シリーズは好きなれないポイントがあるんです。それは無駄に長い通常時SPリーチです。

正直、グラフィックが綺麗だとかどうでもいいから、今までにない作品に仕上がっていることに期待です。

蒼天のようにはなってほしいくないものです。

CR北斗の剣7転生の章PV動画第1弾

北斗7のPD動画第1弾。1分に満たないPV動画は、演出内容を確認できませんでしたが、少し物足りなさは感じますね

導入まではまだ先なので次回の動画を楽しみに待っていましょう。

 

この記事では「CR北斗の剣7転生の章」の最新情報を随時紹介していきます。

 

Sponsored Link

2 Responses to “北斗シリーズの最新作!CR北斗の拳7転生の章の『まとめ』”

コメントを残す