パチンコの1玉の価値を十分に理解する

 

『1玉の価値』は

たかが4円・・・されど4円

パチンコの玉は通常であれば【1玉4円】で借りることになります。

上皿にジャラジャラと払い出された玉を『4円玉』と考えたらどうでしょう。

数秒で視界から消えていく玉が愛おしくなりませんか?

 

仮に、1玉が4万円だったなら・・・。

あなたは「1玉も無駄にしたくない」と思うはずです。

4円と言う、通常であればなくなっても痛くもかゆくもない金額だからこそ、

無駄を無駄と思わないだけです。

 

しかし、断言します。

4円の価値を理解できない人は絶対に勝ち組にはなれません。

どうかぜひ、『4円を愛してください』

 

 

◆通常遊戯における1玉の価値

パチンコの1玉は基本的に4円です。(低貸はそのレートの金額)

500円で125個の玉を借りることが出来ます。1,000円では250個です。借りる際にはいかなる状況のいても玉の価値は変化しません。(4円や2円、1円など)

『何を当然のことを?』と思う方も多いと思いますが、今から説明していきます。

 

10,000円分の玉(2,500発)を借りて、回った回転数が150回でした。150回目に大当たり(2,000発)を引いてそのまま換金(8,000円)しました。収支は-2,000円です。

 

この例において1玉の価値を考えていきます

①玉を借りたとき:10,000円で2,500玉借りるので1玉当たりの価値は【4円/玉】

 

②150回回したとき:1回転当たりに必要な玉の数は(約16.7個)

入賞しなかった玉の価値を0として考えると16.7個で4円の価値が発生するので『約0.24円/玉』

 

③大当たりしたとき:大当たりで得られる出玉は(2,000玉)

使用した球数が2,500玉なので1玉当たりの価値は0.8倍の「3.2円/玉」

 

④出玉2,000発を換金し8,000円になったので1玉当たりの価値は変わらず「3.2円/玉」

 

つまり何が言いたいのかと言うと、1玉の価値が固定されているのは借りる時だけで、その他は状況や環境によって頻繁に変化しているということです。換金率は元より、勝った場合の価値は高く、負けた場合は低い価値になります。

Sponsored Link

コメントを残す