公開日:2013/09/03
更新日:

パチンコ 持ち玉の理解と重要性

持ち玉でう打たないといけない重要性を説明

 

2000発の玉を持っていたとします

 

3円交換で換金してしまえば2000×3=6000円になりますよね

 

しかし換金せずに2000発を打てば等価の価値で打てます

 

なぜなら2000発を現金で借りるのは8000円かかります(千250発×8=2000)

 

等価の価値で打ち続けたいからみんな持ち玉になったら粘るんですね

 

持ち玉になったら等価ボーダーとゆうのは理解できたでしょうか

 

このことを理解できてないからみんな負けるんですね

5連して1万発でました

もうでない勝手なオカルト理論で換金します

3万円のお金に変わります

そしてまた現金投資します

持ち玉で打てば4万円の価値なのに

現金に換えたせいでこの時点で1万円損してます、いや 捨ててますよね

 

店からしたらほんとありがとうございます状態ですね

 

今日の話なんですが朝一に10連ほどしていました、2箱ぐらい打って換金、そしてまた現金投資、そしてまた当たり、また換金、

 

僕は同じように当たり、換金せずに打ち続ける、台移動する時も換金せずに持ち玉で移動

 

これはどれぐらいの差があるのかはもうわかりますね

 

換金することでどんどんお金を無駄にしているんですね

 

 

パチンコは持ち玉になってからが勝負とゆうのはこれでわかりますね

 

 

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
にほんブログ村

Sponsored Link

One Response to “パチンコ 持ち玉の理解と重要性”

たたた にコメントする

おすすめ関連記事