公開日:2014/06/04
更新日:

パチスロ 蒼天の拳2の感想 スペック情報や設定の期待収支情報

蒼天の拳2

 

●導入日

6月16日(予定)

 

●スペック

▼AT基本性能

純増2.7枚/G

  1. 宿命の刻
  2. 1セット20G+ゲーム数上乗せ+初回継続+継続率(70~89%)管理の【ループ型ART】
  3. 激闘乱舞in上海
  4. 初回獲得ゲーム数+ゲーム数上乗せの【ゲーム数上乗せ型ART】
  5. 天授の儀
  6. 上乗せ特化+高継続(80%)管理の【ゲーム数上乗せ+ループ型ART】

 

▼上乗せ特化ゾーン

(超)秀宝乱舞:中段チェリーの出現率が大幅アップし、出現ごとにゲーム数上乗せ抽選。

 

▼天井

AT間、777G消化で天井到達。

 

▼AT初当たり確率

設定1:1/299

設定2:1/290

設定3:1/280

設定4:1/252

設定5:1/218

設定6:1/204

Sponsored Link

▼機械割

設定1: 97.1%

設定2: 98.6%

設定3:101.0%

設定4:105.0%

設定5:110.6%

設定6:113.7%

 

▼期待収支

3000G   5000G  8000G

設定1: -5,220  -8,700  -13,920

設定2: -2,520  -4,200  -6,720

設定3:  1,800   3,000   4,800

設定4:  9,000   15,000   24,000

設定5:  19,080   31,800   50,880

設定6:  24,660   41,100   65,760  (円)

 

●基本概要

基本システムは歴代「北斗の拳」&前作「蒼天の拳」を踏襲したATシステムを採用している。

 

今作では専用の筐体【双龍天羅】を採用し、パチスロ輪廻のラグランジュでも用いられたアンリミテッドリールを【蒼天リール】と改称して搭載したことにより、北斗シリーズ最強のレア役である「中段チェリー」を意図的に出現しやすくすることで、出現時の興奮と期待感を演出している

 

前作でも採用されていた液晶上でチャンスタイムがわかる「北斗カウンター」を今回も採用、さらにカウンターが炎上・氷結することで期待度が上がるなどの、はっきりと「目でわかる演出」を追加したことで、常に期待感を持って遊戯することができる。

 

出玉増加のメインとなるのはATで、システムの違う3つのATを搭載している。

AT突入時にはオーラの色によって継続率が示唆される往年の演出が継承されているが、前作までは突入時に継続率が決定されており、格上げ当選は難しかったが、今作ではオーラ昇格パート中のレア役での継続率アップ期待度が高くなっている。

 

その為、高継続率ATの連打も現実的となっている。

継続バトル演出では、前作の分岐演出を継承し、ルーレットで対戦相手が告知される。従来であれば、継続バトルの勝敗は「引き分け」or「敗北」のみだったが、今回は「勝利」が追加された。継続バトルに勝利することで、ゲーム数上乗せ特化型ATである【激闘乱舞in上海】に突入する

また、「蒼天図柄揃い」で突入する【天授の儀】は高継続(80%)+ゲーム数上乗せ特化型のATで、本機最大の出玉増加要素となる。

 

ATシステム&機械割から考察するに、非常に波の荒い台になりそうだAT突入時の獲得期待枚数は約450枚とされているが、宿命の刻自体は純増2.7枚×20Gで平均純増枚数は約54枚。

 

最低保障70%+初回継続確定の平均連荘数は約4回となるため、獲得期待枚数は約54枚×4セット=216枚。

 

いかに激闘乱舞in上海に突入させることが出来るかが出玉増加のカギとなりそう。

 

歴代北斗シリーズの状態システムを継続しているのならば、高設定は天国滞在割合が高くなる可能性が高いので、AT突入=約216枚獲得→天国移行→100G以内の引き戻し=約216枚獲得→天国移行→100G以内の引き戻し→激闘乱舞in上海突入→、と言った流れが理想的なゲームフローと言える。

 

基本的な展開は【ドラゴンギャル】そのものであり、いかに初回ATを継続させられるか&上位ATに突入させられるか【だけ】が大切

Sponsored Link

One Response to “パチスロ 蒼天の拳2の感想 スペック情報や設定の期待収支情報”

  1. […] ◎パチスロ 蒼天の拳2の感想 スペック情報や設定の期待収支情報 ※ATシステム&機械割から考察するに、非常に波の荒い台になりそうだAT突入時の獲得期待枚数は約450枚とされているが、宿命の刻自体は純増2.7枚×20Gで平均純増枚数は約54枚。 最低保障70%+初回継続確定の平均連荘数は約4回となるため、獲得期待枚数は約54枚×4セット=216枚。 いかに激闘乱舞in上海に突入させることが出来るかが出玉増加のカギとなりそう。 @土日で勝つパチンコ ◎蒼天の拳2 試打感想 結果からいうと面白かったです。 今の時点では20台での購入を考えています。 特に好印象なのが通常状態でも楽しめたということです。 まず、中段チェリーはいかなる場合でも25%でATというわかりやすさがいい。 さらに中段チェリーやスイカ出現時は前兆32Gのカウントダウンが始まるのはいつもの通りなのですが、それに加えてゲーム数解除が近くなるとそちらもカウントダウンの数字が現れるというのがいい。何というかAT当選までの道のりが多彩になった印象です。 さらには、前兆演出中に中段チェリー確率が1/10とか1/30になったりするというシステムも最高。 これは楽しいですね。これによって様々なドラマが生まれそうな気がする。 @パチンコ店長のホール攻略 […]

蒼天の拳2 導入日 天井ゾーンスペック解析狙い目まとめ“スロット・パチスロ” にコメントする

おすすめ関連記事